中国元のキャッシング

クレジットカードによるキャッシングは、中国現地で安価に中国人民元を入手する手段として優れています。

私が中国の空港ロビーに到着してまず最初に行うのは、キャッシングが可能なATMを見つけることです。スムーズに見つけられるように事前の下調べは欠かせません。

三菱UFJニコスが発行するMUFGカードJAL アメリカン・エキスプレス・カード、及び、三井住友カードが発行する三井住友VISAカードANAカード(Visa/MasterCard)いずれにおいても、キャッシングに適用される利率(実質年率)は18.0%です。つまり、一ヶ月の利率に直せば1.5%です。

中国国内で10,000円相当の人民元をキャッシングしたとしても、一ヶ月後の返済額はたった10,150円で済みます。

空港にある銀行出張所や外貨両替専門店で10%近い手数料を払って両替するのが馬鹿らしくなるでしょう。

※ 1回のキャッシングで引き出せる金額には限度額があります。

以下のステッカーのあるATMで24時間中国元のキャッシングが可能です。お手元のカードに搭載されている国際ブランドをお確かめください。

キャッシングする際には入会時に記入した4桁の暗証番号が必要です。

VISAカードの場合 VISAとPLUSのステッカー
MasterCardカードの場合 MasterCardとcirrusのステッカー
American Expressカードの場合 アメリカン・エキスプレスのステッカー
JCBカードの場合 JCBとCirrusのステッカー

中国旅行中は、銀聯カードの他に、キャッシングも可能なクレジットカードを携行していると鬼に金棒です。

このページの先頭へ